低額又は高額譲渡時の課税上の取り扱い

時価と比べて低廉な価格や逆に高額な価額で譲渡を行うと予期しない税金がかかってしまうことがあります。
専門家でも理解が難しいとされてる領域ですが、基本的な税法(主に所得税、法人税、贈与税)の考え方を理解しておくことが重要です。

1.税法の考え方(大前提)→ 詳しくはコチラ

2.時価と異なる取引における課税上の留意事項 → 詳しくはコチラ

3.低額譲渡の課税関係 → 詳しくはコチラ

4.高額譲渡の課税関係 → 詳しくはコチラ

5.グループ法人税制と低額譲渡 → 詳しくはコチラ

前の記事

遺産分割協議

次の記事

贈与のスマイルカーブ