3つの視点からの相続税対策

概要

相続というと節税対策をイメージしますが、実際には、事前に検討しておくべき対策(検討課題)には3つあります。

① 納税資金対策
  ・相続税は、相続開始後10ヶ月以内に一括現金納付しなければならない
  ・相続財産に換金しやすいものがどのくらいあるか
  ・逆に、相続人側に、納税資金が用意できる資力があるか
  ・不動産等がある場合には換価分割できるだけの資金があることが望ましい

② 節税対策
  ・納付する相続税額を安くする対策
  ・財産を現預金よりも賃貸アパート・マンションなど不動産が望ましい
  ・ただし、①の納税資金準備とは逆の方向性となる

③ 遺産分割対策
  ・遺産をめぐり相続人が争わないように
  ・孫など法定相続人以外に遺産を残したい
  ・法定相続分と異なる割合で遺産を承継したい

3つの課題を解決する施策メニュー

上記3つの課題(納税資金対策、節税対策、遺産分割対策)を解決する施策には、次のものがあります。

3つの視点からの相続税対策